・鍵が折れた
また、鍵が折れたのをきっかけに玄関の鍵の修理を依頼される方もいらっしゃいます。鍵というのはそう脆いものではありません。むしろ、大切なものだからこそ丈夫に作られているものなのですが、だからといって一生丈夫なままというわけにはいきません。物質である以上は、劣化がつきものです。特に、鍵というのはかかる負荷が分散されるわけではなく、どちらかというと毎回同じところに負荷がかかります。負荷がかかる部分から弱っていきますので、ある日突然ポッキリ・・・ということになってくるのです。
折れた鍵をそのまま使い続けるという方はそういないかと思いますが、中にはテープでグルグル巻きにしてみたり、接着剤でくっつけてみたりといったことにチャレンジする方もいます。気持ちはわかるのですが、こういったことをしてしまうと状況がより悪化してしまうので、その前に業者にご相談いただければと思います。

・大切な玄関の鍵だからこそスピーディーな修理が求められる
玄関の鍵というのは、家を守るための要です。だからこそ、玄関の鍵に何かしらの問題があるのであれば、早めに対応すべきですし、修理が必要なのであればスピーディーな修理が望ましいでしょう。玄関の鍵に問題がある状態では、やはり防犯面で大きな不安が残ってしまいます。
「まだ大丈夫」と思って放置しているとあっという間に時間は過ぎてしまいますし、その間に玄関の鍵の問題は悪化してしまうかもしれません。「もっと早くに修理をお願いしておけばよかった・・・」と後悔しないためにも、玄関の鍵に違和感を持ったら早めに修理の依頼をしていただければと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です