ピッキング対策としてできあがったのがディンプルシリンダー。その防犯性能は高く普通の鍵の10倍近くの性能差があります。

従来のギザギザ鍵とディンプルキーとの違いは、形です。
鍵はギザギザしたイメージがあると思いますが、ディンプルキーというのは丸いくぼみが複数あります。
ディンプルキーはこのくぼみを利用して鍵をかけるため、これまでのピッキングでは開錠ができなくなりました。見た目はギザギザ鍵より防犯性能が低そうに見えますが、こんな鍵が何倍も性能が良いのでしょうか?
徐々にディンプルキーのシェア率は上がっており、認知度も上昇しています。現在のシェア率は全体の3割。このままいけばギザギザタイプのディスクキーと呼ばれる従来の鍵は減り、7割以上がディンプルキーに変化していくといわれています。
勢いを増していることからそれだけ防犯性能が高いことがわかります。では実際にどうしてギザギザよりも丸いくぼみの方が性能が高いのか見ていきましょう
従来の鍵よりもより複雑になっています。シリンダー内のピンと呼ばれる部品は上下にしかなかったのですが、ディンプルキーには上下だけでなく、横や斜めにもピンが追加されておりピッキングが不可能な製品に仕上がっています。
ピンの本数というものは防犯性能に直結しており、数が増えることで人の手での開錠が極端に難しくなります。
そのため合鍵を作成する場合、ディンプルキー専用のマシンが必要となり、高額になりがちです。これまで1本1000円程度で作成できた合鍵も、ディンプルキーになると5000円位かかります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です